大阪のデリヘル業者が大切にすべきは地元の男性です!

綺麗な女性

デリヘル急増は風俗規制の影響

昨今の風俗業界の動向というと、店舗型から派遣型へと急速に移行しつつあります。デリヘルの増加数の推移を見てみるとわかるのですが、年間で1300軒~1500軒もの新規デリヘル店が開業していて、まだまだその勢いは衰えていません。それに伴いデリヘル店を利用するという客層も増えていて、今後ますますデリヘル店の増加に拍車がかかるものと予想されます。
今の日本では、店舗型風俗にはかなり厳しい規制がかけられています。出店制限を始め、新築どころか改築すら認められておらず、もし店舗を勝手に改修したりすると営業許可を取り消されてしまいます。そういった様々な規制をかけることで建物の老朽化や新規出店を妨げ、最終的には建造物の老朽化で安全性が確保出来ないなどの理由で、合法的に営業許可を取り消すことが出来るというわけです。そこで、現在店舗を運営している業者の中には、早いうちに店舗型のヘルスやソープなどから派遣型のデリヘルへと店を移して営業しているところもあります。
デリヘルの方が店舗維持などもコストが掛からないので業者側にもメリットがありますし、利用者側も電話一本で店まで行く必要がありません。両者にメリットがあるということですから、昨今のデリヘル増加にも納得がいくというものです。

Press release

Update list

TOP